この犬種の優れたところ

 ラブラドール・レトリーバーは、北米大陸カナダのラブラドール半島で、漁師が魚網をすりぬけた魚の回収をする犬として、活躍させていました。そして、水泳が巧みだったことから、鴨などの水鳥を回収する水中猟犬として使役し、この半島の地名を犬種名としました。その後、この犬は19世紀に英国に渡りました。回収能力はズバ抜けていましたが、気性が激しい犬だったといわれ当時のハンターたちによって今日のような性格に改良されました。レトリーバーとは、「回収運搬する犬」との意味があります。
 現在は、盲導犬や麻薬捜査犬、警察犬として活用していますが、その天性の優れた嗅覚と旺盛な作業意欲が、使役犬として重要な資質とされているからです。
 また、とても丈夫で、伝染病とフィラリアの対策さえ万全に行えば、ほとんど病気の心配がなく、食事も好き嫌いなく何でも食べますし、短毛なので面倒な手入れが必要でないとことから、日常の管理が楽であるということでは、家庭犬として優れたところです。